2010年11月25日

FXとは?

FX(Foreign Exchange)は日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。

為替とは、本来「何かを交換する事」という意味です。

FXは「外国のお金と、日本の通貨=円を交換する」事を指します。

よくニュースで「本日の為替相場は1ドル○○円~○○円」と言うのを聞かれた事があるかと思われますが、これは「今日1ドルと円を交換する為の相場は○○円」という事です。

最近はやりのFXトレードは、異なる二国間の通貨を交換する事によって利益を出すという事です。

例えば、ドル/円の場合…。

円を売ってドルを買うという事です。

後にドルが高くなった時に円に換えると、その差額が利益になりますよね。

こういった事を繰り返して利益を出す事がFXトレードです。

今はドルと円を例に例えましたが、例えば、英ポンドと円、豪ドルと円など円との取引や、米ドルとユーロ、米ドルとカナダドル等など、様々な組み合わせで取引されています。

これらのペアを通貨ペアと呼びます。

FXを始めるには、FX業者と契約して専用の口座を設け、そこに入金されたお金を元に取引を行います。

このお金を証拠金といいます。

FXは今や株よりも人気になっています。

理由は「自由な時間に取引できる」「小額の資金で取引できる」為です。

例えば日本は夜でも他の国は朝や昼という事もあり、いつでも取引が可能となる訳です。

小額と言うのは、レバレッジという取引方法があり、例えば証拠金の100倍での取引が可能となりますが、その分、マイナスも大きいので気をつけなければいけません。

以上がざっとしたFXの説明です。

ラベル:FX
posted by FXトレーダー at 19:44| Comment(0) | FXとは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。