2010年11月25日

FX用語集1

基軸通貨

・他の通貨よりも流通量が多くどこの国でも受け取ってもらえる通貨。

例:ドル。但し近年ユーロが取って替わる動きをしている

通貨ペア

・通貨を交換する組み合わせ

例:ドル/円 円を売ってドルを買うという事

証拠金

・取引に使う元本

ポジション

・買い持ち状態
 通貨を買いの状態で保有している事

・売り持ち状態
 通貨を売りの状態で保有している事

・ノーポジション
 現金のまま持ち、通貨をどちらの状態でも持っていない事

レバレッジ

・証拠金と実際の取引額との倍率

例:レバレッジ100倍の場合

1万円で100万円の取引が可能

デメリット
1ドル100円~90円に下がった時
10,000×100倍=1,000,000円
1,000,000÷100円=10,000ドル
10,000ドル×90円=900,000円
900,000円-1,000,000円=▲100,000円
この100,000円が損失となる
もちろん逆の場合は100,000円のプラス

マージンコール

FXの口座に預けている証拠金から含み損を引いた金額が一定の割合以下となった際もう少し証拠金を追加したり、ポジションの一部を決済したりして損失に耐えられるように注意してくれるルール。
割合は業者によって違い証拠金の50%というところが多い

ロスカット

FXの口座に預けている証拠金から含み損を引いた金額が一定の割合以下となった場合、FX業者によって強制的に決済されてしまうルール。

レバレッジとロスカットの関係

レバレッジを高くすると、少しの為替変動で一気に損失を被るという可能性が高くなる為ロスカットのリスクが高くなる。

ラベル:FX用語集
【関連する記事】
posted by FXトレーダー at 19:48| Comment(0) | FX用語集 | 更新情報をチェックする

FX業者の選び方

FXを始めるにはFX業者と契約し、FX口座開設をする事が必要です。

ただ、FX業者というのは100以上もありますので、何を基準に選べばいいのか戸惑いますよね。

基本的には

・FX業者の規模(資本金等)
・取り扱通貨ペア
・スプレッド(売値と買値の差)
・取引手数料
・レバレッジ(証拠金と実際の取引額との倍率)
・スワップ金利(二つの通貨の金利差)
・信託保全
・取引ツール
・相場情報
・税金

といったところを比較して選ぶのがいいでしょう。

FX業者の規模がポイントに入るのは、下の方にある信託保全と絡んできます。

例えば、契約したFX業者が存続し続けていればいいのですが、倒産した時、冗談では済まなくなりますよね。

FX業者の規模は「その業者に倒産の心配があるのかないのか」というところに直結します。

また、信託保全というのは、FX業者が倒産した場合に、利用者を守る為の仕組みです。

信託保全とは、FXトレーダーがFX業者に預けた資金をFX業者の資金とは別にして管理する事を言います。

しかしながら、これは法律で義務付けされていることではない為、信託保全を行っている業者とそうでない業者があります。

安心して取引をするためには、信託保全を行っているFX業者を選ぶ事が重要となってきます。

また、取引方法というのも、重要なファクターですね。

FXトレーダーに人気が高いのは、やはりパソコン上で取引をする方法です。

他にも、固定電話、携帯電話などを利用する方法があります。

特に携帯電話での取引は外出先やパソコンが壊れた時でも対応できるので便利です。
posted by FXトレーダー at 19:45| Comment(0) | FX業者の選び方 | 更新情報をチェックする

FXとは?

FX(Foreign Exchange)は日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。

為替とは、本来「何かを交換する事」という意味です。

FXは「外国のお金と、日本の通貨=円を交換する」事を指します。

よくニュースで「本日の為替相場は1ドル○○円~○○円」と言うのを聞かれた事があるかと思われますが、これは「今日1ドルと円を交換する為の相場は○○円」という事です。

最近はやりのFXトレードは、異なる二国間の通貨を交換する事によって利益を出すという事です。

例えば、ドル/円の場合…。

円を売ってドルを買うという事です。

後にドルが高くなった時に円に換えると、その差額が利益になりますよね。

こういった事を繰り返して利益を出す事がFXトレードです。

今はドルと円を例に例えましたが、例えば、英ポンドと円、豪ドルと円など円との取引や、米ドルとユーロ、米ドルとカナダドル等など、様々な組み合わせで取引されています。

これらのペアを通貨ペアと呼びます。

FXを始めるには、FX業者と契約して専用の口座を設け、そこに入金されたお金を元に取引を行います。

このお金を証拠金といいます。

FXは今や株よりも人気になっています。

理由は「自由な時間に取引できる」「小額の資金で取引できる」為です。

例えば日本は夜でも他の国は朝や昼という事もあり、いつでも取引が可能となる訳です。

小額と言うのは、レバレッジという取引方法があり、例えば証拠金の100倍での取引が可能となりますが、その分、マイナスも大きいので気をつけなければいけません。

以上がざっとしたFXの説明です。

ラベル:FX
posted by FXトレーダー at 19:44| Comment(0) | FXとは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。